CP-01プラスの工程管理への応用

 QRコードの読み取り時刻を記録するエクセル入退室管理システム「CP-01プラス」は、通常、入退室2回の時間記録に使いますが、回数はいくつでも増加できます。例えば、ワークピース識別用のQRコードを工程進捗ごとに読ませることで、各工程の所要時間の記録ができるので、工程管理用データ収集と蓄積が行え、工程改善に資することができます。

 ロットへの工程開始時に、工程別QRコード、ロット番号QRコードの順に入力すると、工程開始時刻が記録されます。工程終了時に、ロット番号QRコードを入力する、工程終了時刻が記録されます。