汎用時刻記録

 2種類のQRコードを使って、入退室エクセルプログラムを様々な時刻記録に応用できます。

 



物品貸出管理への応用
 物品貸出時に、貸出者QRコード、物品QRコードの順に入力すると、貸出時刻が記録されます。

返却時に、物品QRコードを入力すると、返却時刻が記録されます。

 右の動画は、QRコードリーダー(CP-01)でのQRコード読取時に、読取り音(ピッ!)とともに、QRコードの内容や読取時刻がエクセルシートに記録される様子です。



工程管理への応用

 ロットへの工程開始時に、工程別QRコード、ロット番号QRコードの順に入力すると、工程開始時刻が記録されます。工程終了時に、ロット番号QRコードを入力する、工程終了時刻が記録されます。



駐車場管理への応用

 来場時に、来場者QRコード、駐車位置QRコードの順に入力すると、駐車位置別の入場時刻が記録されます。退出時に、駐車位置QRコードを入力すると、退場時刻が記録されます。



来場者管理への応用

 来場時に、エスコート者QRコード、来場者QRコードの順に入力すると、エスコート者別の来場者入場時刻が記録されます。退出時に、来場者QRコードを入力すると、退場時刻が記録されます。



キーボード入力やハイパーリンクも追加できます。


キーボード入力
 記録簿(エクセルシート)に、キーボード入力ができます。上記の工程管理にオペレータ番号をテンキー入力を追加した例です。



ハイパーリンク

 記録簿(エクセルシート)に、ハイパーリンクが付加できます。上記の来場者管理に来場者画像をハイパーリンクさせる例です。